水資源保全協議会 概要

【名称】
水資源保全協議会(WRCC)

【設立】
2013年9月1日(2013年8月29日 発起人総会による)

【所在地】
本部:山梨県南都留郡道志村5964
東京分室:東京都新宿区 NPO日本プレジャー協会内

【設立目的】
国民共有の財産である全国の水源とその環境保全を目的として設立する。水源地の持つ多様な自然環境の保護、再生、そこに住む人々の暮らしや文化を未来へとつなぐ持続可能な水源地づくりを目指し、水源地が大切にしてきた【水はいのち、森は心】という想いを広く国民に伝えること。また、水源地が晒される緊急かつ多様な危機への対策立案、活動など積極的に取り組むものとする。

【事業】
「水源環境保護基金」組成、運用
水源地保全事業(調査/研究/立案/啓蒙)
水源アカデミア(イノベーター養成)

【理事】
名誉会長
小宮山 宏 (三菱総合研究所 理事長)◆元東京大学総長

会長
養老 孟司 (東京大学名誉教授)

坂本 恒夫 (前明治大学副学長)
山崎 善也 (全国水源の里連絡協議会 会長)◆京都府綾部市市長
大田 昌博 (全国水源の里連絡協議会 前副会長)◆山梨県道志村 前村長
舩木 直美 (全国源流の郷協議会)◆山梨県小菅村 村長
竹林 征雄 (NPOバイオマス産業社会ネットワーク 副理事長)
大槻 茂   (広報戦略研究所 代表取締役)
興梠 敏郎 (NPO法人日本プレジャー協会 主宰)
横山 斗南 (NPO法人日本プレジャー協会)
下宮 孝志 (めるプランニング㈱代表取締役 社長)
関山 祐介 (一般財団法人 公共経営研究機構 理事)
信時 正人 (東京大学非常勤講師)

【事業連携】
◎全国水源の里連絡協議会 ◎全国源流の郷協議会 ◎NPO法人日本プレジャー協会